アルカリイオンの水と水素水の違いって何?

アンチエイジングで話題になっている水素水や水素サプリメント。これってアルカリイオン水とは何が違うのでしょうか?

僕は今、水はキリンのアルカリイオンの水をアマゾンで定期的に購入しています。これは市販の水で一番身体に良い、と健康オタクの友人にアドバイスをもらったからなのですが、これで十分なのでは??

ふるさと納税 さとふる

アルカリイオン水と水素水の違い

調べても何だかよくわからなかったのですが(笑)、結局は水素が含まれているかどうか?という点になりそうです。

アルカリイオン水も水素水も作られた当初は水素が含まれているようです。ただ、保存容器が違い、アルカリイオン水はペットボトルで保存されるため1〜2日程度で水素が完全に抜けてしまいます。

また、水素水の場合はアルミ製の容器で密封されているため、6ヶ月程度は水素が保存されるようです。

あとは、アルカリイオン水は文字通りアルカリ性の水で、水素水は中性の水と言われています。ただ、中性の水素水は最近主流の「アルミパウチ水素水」や「水素水サーバー」に限っているようで、市販の水素水の中にはアルカリ性のものもあるようです。

水素水の効果・効能って何なの?

アルカリイオン水と水素水の違いを見てきましたが、やっぱりよく分からないですね〜。水が人間の約70%を作っているので大切なのはわかるのですが、なぜ水素が??という話です。

水素水は体内を錆びつかせる活性酵素を取り除く効果が期待されていて、実際に代謝を高めたり疲労感が回復した、虚弱体質が改善された、などの効果・効能もあるようです。

う〜〜ん、やっぱり自力ではなかなか水素水について効果を実感するまでいかないですね。。

アルカリイオン水と水素水の違い、健康オタクの友人に聞いてみようかな。

pairs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です